平成29年度も残りわずかになりました。今年度、子ども会の世話をされた方、お疲れさまでした。初めて役員になる方も多く、とまどうこともあったとあちこちで聞きましたが、また、大変だったけれどやって良かったという話も聞きました。子どもたちは本気でつきあうと、本気で返してくれます。充実した1年だっただろうと推察します。

ある単位子ども会の育成会長さんから聞いた話です。「子ども会の世話は大変だったけれど、近所の子どもたちと顔なじみになり、『おっちゃん、こんにちは』と子どもたちが声をかけてくれるようになったことが一番よかった」これは男の方です。女の方からは「嫁にきて、地域のことがさっぱりわからなかったけれど、子ども会の世話をするようになってから、地域の人たちと付き合いができるようになった」子ども会が地域デビューの場ということでしょうか。子ども会活動は、子どもにとってだけでなく、育成者にとっても意味のあるもの。三豊市では、こういう良さがまだまだ地域に残っているということでしょう。

さて、市子連も3月6日の役員・理事会と平成30年度子ども会安全会の加入手続きを残すのみとなりました。単位子ども会の世話をしている方は、安全会の加入手続きが最後の仕事となります。よろしくお願いします。

多くの校区では、今年度の役員さんあてに手続き関係書類を送ることになります。新しい役員さんには、分からないことも多々あると思われますので、今年度の役員さんは、書類を引き継ぐとともに相談にのってあげてください。